2020年6月17日水曜日

佐藤愛子の5冊 その5 スミヨンの一生

8段目5番
ナワトビ パート3   ナワラー宣言


日本からまたまたタイのチェンマイにきて二つのレースを走ったのだが
といっても10キロのミニマラソンだがどうもぱっとしない
イヤな予感はあった
日本で一度だけタイムを計った時
気持ちよく走れたのに
たった7キロの距離なのに、全盛期より3分近く悪かった
ぼくはそれを肉離れの後遺症のせいにしてあとは計らなかった
年をとれば衰えるのは当然だし
ぼくはあきらめのいい男なのだが
はい、そうですかと納得できるものではない
加齢以外の何か原因があるのではないか
一つだけ思い当たることがある
走ることにかまけてナワトビをおろそかにしていた
早い話ぼくは、ナワラー、ナワトビ男なのであった
30でとび始めてから20年以上1日最低6000回はとんできた
走りだしてからも走ったあと3000回こなしてきた
それが知らぬ間に、マラソンの完走もできないくせに
いっぱしの市民ランナーぶって走ることを主題にしてしまった
肉離れが癖になったのもきっとそのせいだ
ぼくの人生の三大転機は
円形脱毛症になった時とスキンヘッドにした時とナワトビを始めた時なのだ
今、ここに宣言する
俺は断じて市民ランナーなんかじゃない
俺は一介の、ナワラーだ
走れなくなっても俺はとびつづけるだろう
そしてポックリと
逝くのだ




0 件のコメント:

コメントを投稿