2020年6月1日月曜日

佐藤愛子の5冊 その1 血脈

8段目2番

土踏まずエレジー


土踏まずはかなしい、土踏まずは土が踏めない、コンクリートもアスファルトも踏めない、踏めるのは道端に転がってる小石か犬の糞くらいのものだ
裸足で走り始めてからおいらの走力は飛躍的にアップした
走り終わったあと汚れてない部分が土踏まずだ
なのだが、洗う時、洗い落としているのは土踏まずのような錯覚に陥る
これがおいらの右足の親指だと指し示すことに躊躇はない
が、土踏まずとなるとどうもなんだかね 
検索すると足裏のアーチ形状で片足に三箇所厳密に言えば四箇所あり、なんて出てくるんだもんなあ、ただ、衝撃を吸収しバランスをとるセンサーだというのはわかる
腰から土踏まずを結ぶ二本の線がヒトの二本足走行を美しいものにしている
王貞治の一本足打法の完成は左足の土踏まずで立てたことにある、いや、土踏まずで体を支えているのだと王が意識できた時にある
おいらも着地する時土踏まずでと思うのだが土踏まずに意識を集中するのは至難の業だ、今のところ走りながら数を数えることでお茶を濁している
おいらの土踏まずはあいまいなのだ
同じようの世の中というか世の中のこともあいまいだ、世の中があいまいなのはきっと世の中のせいではあるまい、おそらく誰のせいでもない、もちろん土踏まずのせいでもない
おいらがあいまいなのはおいらのせいだが、おいらの土踏まずがあいまいなのはおいらのせいではないような気がする
土踏まずはかなしいのだ
世の中がこの世が不条理で不合理でふしだらで理不尽ででたらめでまやかしに満ち満ちていることが
あいまいな輪郭でもって、くっきりと、かなしいのだ





2020年5月28日木曜日

คำภีร์ カムピーの5曲 その5 ผีโรงเย็นせつなくない過去いとしくない未来

8段目1番
幻の69シックスナイン


ぼくがこの魔法の靴とであったのは、泥酔し警官に追われ結局は逃げ切ったのだが、それが現実のことなのか幻覚なのかあるいは夢の一コマにすぎないのか、おそらく一生謎のままだが、その翌朝というか翌昼だ
気がつくとビール腹のオヤジにおたまの底でほっぺたをつつかれていた
お前のイビキにはまいった、本当なら十時には店を開けるのだ、迷惑料としてポケットから五百バーツ頂戴した、これはお情けだ
と放り投げられたのがこの靴だ
晩年を走ることに捧げた輩ならわかると思うが一万メートルの記録を一分縮めるのは並大抵のことではない
ところがこれで走ってみると二分近く縮まった、偶然ではない、翌日もとの靴で走ると記録ももとに戻った、計り間違いではない
翌々朝またこいつで走れば同じ結果が出るではないか
早速二足目を求めて太鼓腹のオヤジをたずねたが、そいつはとっくのむかしに潰れたさあ、と不敵に笑いおまけに手鼻をかんだのだ、話はこれで終いだがこの靴の商標は69シックスナインという
ナイキの靴でかかとをいためミズノの靴で膝をやりアデイダスで肉離れ、こいつらはおなじ穴のムジナだ、足より靴をいたわって靴より金に寄りすがる
さようなら、ナイキのぼったくりシューズ、69の奇跡を体験してからあと靴底が減るのが怖くて履くことはできても走り出すことがどうしてもできない、さようなら、アデイダスの上げ底靴
あしたからぼくは、裸足で走ります




2020年5月24日日曜日

คำภีร์カムピーの5曲 その4  มีหวังせつないものごころ

7段目10番

たった1キロ


で棄権してしまった日光杉並木マラソン以来
ほぼ4ヶ月振りにレースを走った
レースを主催するサンカンペーン小学校まで
ぼくのアパートから20キロはあるので
前日の夕方にママチャリに跨って会場入りした
150バーツを支払ってゼッケンを受け取り
係員に導かれ宿泊所となる使われていない教室にたどり着く
当人の姿はないが先客が2人いるようだ
係員は門を出て右に曲がればすぐそこがマーケットなのだと言う
市場の場所まで教えてくれるなんて何てお節介なんだろうと
恐縮したが寝るには早いので行ってみると
それは日本語でいうところの歩行者天国だった
かなりの人出でどこまで行ってもキリがないので引き返す
トマトとプリックキーヌーを買った
学校の対面の雑貨屋兼酒屋でビールを買い栓を抜いてもらって
店先に1個だけ据えられた石造りのテーブルで飲みだす
この時間に教室に戻れば先客2人も帰っていて
いろいろ話しかけてくるかもしれない
それが面倒だった
実を申せば知り合いが昼時にビール抱えて訪ねてきたので
すでに少し入っている
だが3本までならレースに影響はないはずだ
ついさっき目をつけておいたパブレストランっぽい店に移動する
このサイトに「オイさんに捧ぐ」という詩を書いたことがあるが
サンカンペーンはそのオイさんが生まれた街だ


オイさんに捧ぐ 再録


今はもうつき合いはないが、昔、ぼくが哲とあだ名をつけた
ぼくよりもだいぶ若いタイ人の友人がいた
哲の彼女がオイさんだった
ぼくは二人を結婚前から知っていたし離婚した後も
知っていた
オイさんには妹と弟が一人ずついて弟はおかまだった
オイさんのご両親と一緒にご飯を食べたこともある
まったくの偶然だが離婚後のオイさんが
ぼくの借りたアパートの敷地内で洗濯屋を営んでいた
時期もあった
ひとは老いる
オイラも老いる
老いをホイルで包みフライパンにオイルはしかずボイルせず
老いを炒るのだが
弾けてはくれない
オイスターソースをぶち込んでも
おいしくはならない
老いては子に従えと言ったところで
オイラに子はない
老いると置いてきぼりにされがちだが
置いていくものは
何もない
哲の糖尿病が悪化してつき合いは途絶えた
オイさんのその後も知らない
オーイ、オイッ!
老いては死に従い給え


2人と出会ったのは30年前のソンクラーン水かけ祭りの初日だった
正方形の中がチェンマイの旧市街だとしたら
右下外側角っこのソムチャイ歯科が診療所を構えるアパートの4階に
初めて部屋を借りたのだったがその日起きるとどうも様子がおかしい
外がざわついている
出てみるとそこら中人だかりでみんながみんな
水を掛け合っている
ぼくはまだその時ソンクラーンの存在自体を知らなかった
これはいったい何なんだと訝しりながらシードンチャイ通りに出て
現在も「すし一番」の隣にしぶとく生き残っているぶっかけめし屋を目指す
人々はこの騒ぎにまったく無関係のぼくにまで容赦なく水を浴びせてくる
中でもひどかったのはめし屋の斜め向かいに陣取っていた10数人のグループで
ぼくの行く手をふさぐと氷入りのバケツいっぱいの水を頭から
ぶっかけたのだ
まあ結局はめし屋に何度も足を運びビールを買い込んではそれを貢ぎ
仲間に入れてもらって一緒に大騒ぎしたのだったが
そこに哲とオイさんのカップルがいたのだ
オイさんがパーヤップ大学の3年生で哲が2年だった
ぼくは例によって泥酔し哲が部屋まで担ぎ込んでくれたのだが
翌日も翌々日もメンバーはあれこれ入れ替わったが哲と
行動を共にした
だいぶあとになってだが女5人のグループบุโดกันブドウカンが歌う
ขอไหัเมือนเดิมコーハイムワンドーム「そのままでいて」の
プロモーションビデオに登場する女優がオイさんにそっくりだったので
驚いたことがある
オイさんはエレガントという言葉そのものだった
それから数年は哲との密度の濃い付き合いが続いた
飲み合いといった方が適切かもしれない
哲は下手をするとボトル2本を空ける男だった
2人の酒席にオイさんが加わることはなかったが
なんだかんだと顔を合わせる機会は多々あった
プーケットのホテルに就職が決まったオイさんを哲と2人
アーケードから見送ったこともある
1年もしないうちにオイさんは舞い戻ってしまったのだったが
卒業すると哲は結婚しまずマーケティング関係の会社に勤めたが
こまめに職を変えた
ぼくが覚えているのはチェンマイ鉄道駅からすぐの
ニッサンの営業所でその近くで何度か待ち合わせした
チェンマイランドでワインの卸売りをしていた時期もある
離婚したのはその頃だ
その後ナイトバザールを少し入ったところにアンティークの店を開いたが
いつしかレストランに変わり次には改装して郵便物を扱うオフィスになった
この私設郵便業がフリーペーパー「ちーお」に取り上げられたことがあったが
もう哲とは疎遠になっていた
あの当時携帯はなかった
日本へ帰る度に哲の職場とアパートの電話番号は控えていったが
哲は住むところも頻繁に変えたしぼくだって借りるアパートは何度も変えた
だがお互いの行き来が途絶えることはなかった
こちらから連絡せずともチェンマイについて1週間もしないうちに
どこかで偶然に出会うからだ
歩いていると自転車に跨っていると
オートバイをあるいは車を運転している哲がぼくを見つけ
声をかけてくるからだ
もちろんオイさんが一緒のこともあった
覚えているだけでそんなことが6回はあった
チェンマイを訪れた姪を哲のレストランに案内したことがある
哲と会うのは久し振りだった
例によって泥酔し意識不明となるのだが哲は車で
ぼくをアパートへ姪をゲストハウスへと送り届けてくれた
姪は哲さんはいい人だと言ったが
そりゃそうさ、同感だ
哲は貧乏ゆすりの達人だった
いつもピリピリしていた
哲とオイさんにはแตงโมテングモウ「西瓜」という娘がいたが
哲が引き取った
西瓜ちゃんを連れて突然哲がぼくのアパートに現れたことがある
2、3日前にぼくがそのアパートへ入っていくのを見かけたのだという
その頃はチェンマイに来ても哲に改めての連絡はしなくなっていた
小学生になる来年からは親戚に預けバンコクの小学校に通わせるらしい
哲と最後に会ったのは3年ぐらい前だろうか
やはり偶然だった
ターペー門の内側のところでナナハンに乗った哲がぼくを見つけた
近いうちに飲もうよと誘ったが
糖尿でもう何か月も飲んでないのだ
と言ったのだった
それからしばらくしてまた例によって泥酔した時
哲のオフィスに近いホテルのコーヒーショップから
今ここにいるから出てこいと電話したがなしのつぶてだった
今から思えば哲とつるんで飲みまくっていた時期
こうしていればオイさんに会えるチャンスも増えるはず
という下心があったのは確かだ
哲はぼくの本心を潜在意識でもって敏感に読み取ったのだろう
その潜在意識が哲をして
チェンマイの街をうろつくぼくを偶然という形で
発見させたのだ
オイさんの洗濯屋はシリマンカラジャンソイ7ガードスアンゲーオの入り口
ベンチャマアパートの一画にあった
ヒデオ、ヒデオでしょう?わたし、わたしなんだけど
オイさんの方が気づいて声をかけてきた
オイさんは全体的に太ってやつれていた
ぼくが日本へ帰るのが先だったのか
オイさんが店をたたむ先だったのか
どうもその辺がはっきりしない
とどのつまりパブレストランだけで4本のビールを飲んでしまった
酒のせいにはしたくないのでレース結果は書かない



2020年5月17日日曜日

คำภีร์の5曲 その3 ใอ๊ยいとしい狭間

7段目9番



つつましやかに生きよう


ネって君と言い合ったことがあった
それは二人仲良くシンプルに暮らそうって意味合いではなく
5本のビールを4本にさらに2本は無理でも3本にってことだ
君はぼくより数段強くスピードも速かった
君の実家で飲んでいた時近所の同級生がやってきて
モッドはちっちゃい頃から何をやらせても上手くそして早いのだと
自分の手柄のように言うので
そりゃそうだわが意を得たとぼくも同調したのだ
君の料理は手際よく味も使えた
他の人とは知らないが、おまんこも手早くさっさと済ませるのだった
君に似て長身で手のように長く自在な足の指を持つ
おかあさんは元気ですか?
[宝くじは買わない]という詩の中でそのおかあさんを勝手に殺しちゃったけど
あくまで創作ですから
君とは似ても似つかないお兄ちゃんの二人目の嫁さんは
見つかりましたか?
君の実家で飲んだのは2回だけだけど
気がついたら起きてみたら君が隣のいた
なんてことを目論んでいたのに 酔い潰れる前に
君は「お兄ちゃんお願い」と言って
ぼくを市内のホテルまで送らせるのでした
君のともだちのトムボーイとそのパートナーと4人で
カラオケのある食堂で飲んだことがあったよね
「なんか熱っぽい」って君がこっちを見るから
掌をおでこに持っていった時
まるで啓示のように ああ君もぼくを憎からず思ってるんだ
と承知したのです
至福の時でした
君のことを書くのはこれでしまいです



2020年5月14日木曜日

คำภีร์カムピーの5曲 その2  สุดใจฟันせつない心

7段目8番
ママチャリブルース


ブランチはカオマンガイにしようと下に降りたがいつもの場所にママチャリがない
そうだった きのうはしこたま飲んだんだ
パズル合わせをするように切れ切れの記憶を寄せ集め夕べ引っ掛かった店を炙り出す
きのうぼくこの店に来ませんでした?そん時歩いて来ましたか自転車でましたか?
ママチャリ捜しで日が暮れてヤケ酒飲んで夜が明ける
型も色もまったく同じ自転車を二週間前にもなくしてる
手放し運転がいまだに出来ぬ
ああこれがおいらのママチャリブルース
借りたばかりのアパートから15キロ離れた彼女の実家へ
買ったばかしのママチャリを飛ばす
確かこの辺のはず
おとといも彼女のオートバイに跨ってやって来たのだ
ソムタム売りの屋台で訊いてみる
路地の一番はどっちの方です?
あら よもじゃないの?
よく見りゃモッドの妹だ
モッドのうちにはどう行くんでしたっけ?
モッドならチェんマイに行ったわよ
でいつ戻ってくるんです?
遊びに行ったんじゃないよ モッドはチェんマイに帰ったのよ
いったいどういうことなんだ 
チェンマイには厭きたから実家に戻った と聞いたからこの街へ来たのに
花の名前がついたアパートを借りたよ と報告するつもりだったのに
行きはよいよい帰りはこわい
ギーコギーコとペダルが唸る
ああこれがおいらのママチャリブルース



2020年5月13日水曜日

คำภีร์カムピーの5曲 規格外 コロナにことよせて

段外6番
今市図書館別館からメール


みっつある丸テーブルが適当に配置された別館のロビーにドコモの置くだけWi-Fiが設置され図書館からの帰りパソコンを開くため東武下今市駅待合室に足を延ばす必要はなくなりました
さてコロナウィルスが世間を席捲していますが昔コロナという車があったはず
サニーもあった
仮に今そいつらが目の前を通っても見分けることはできないでしょう
タイはチェンマイで何度か乗せてもらったシリウスも含めぼくにわかる車種はひとつもありません
ただしもう半世紀以上前になりますが小学高学年当時のスバルとグロリアだったら自信ありです
学校が終わると輪王寺幼稚園崖下の繁みから笹を引っこ抜きそれをちぎって
国道119線を走る車の運転席めがけて投げ入れる遊びに興じたことがありました
当時冷房のついてる車はなく夏場窓は全開で
30回に1度は成功しましたが怒って追いかけてくる運転手はいませんでした
人間を隅に蹴散らして我が物顔で天下の公道を闊歩する車に憤りを抱いていたのでしょう
即刻車の生産を停止すべきです
それが無理なら自家用車の保持は禁止
そうすれば交通事故は激減します
いやコロナウィルスの話でしたね
偉そうにアベは何をとち狂って小中学校を臨時休校しろなどとほざいたのでしょう
スペイン風邪で1億人死にました
空気感染はしませんがエイズはどれだけの命を奪ったでしょう
誕生したからにはなくならねばならぬ
わたしたちは滅び行く種です
核戦争で絶滅するより疫病で死に絶えた方がより生き物らしくは
ないか!
大枚はたいて地図帳を買ったのはあくまで暇つぶしです
行きたいとこはありますが先立つものがありません
市営住宅に入って1年が過ぎました
約2万5千円の持ち出しです
つまり年金の2万5千円と合わせて月5万円で暮らしているわけです
もちろん部屋代光熱費健康保険料込みです
このままではいずれ立ち行かなくなります
ぼくから見れば高額年金受給者のともちゃんが
暖かくなったら働く用意があるとのこと
去年ここを訪れた帰り道浅草でフランス娘と懇ろになったのに気をよくして
勤め先の誰それさんとひとつよろしく
ってな魂胆は見え見えですぜ
飲みたい時に飲み寝たい時に寝る気ままな生活ですが
たえず何かいいことないかと夢見る向上心
というより煩悩は死なない限り失せそうにありません
この何かいいことないか仔猫ちゃんウィルスがコロナウィルスに
取って代わることを祈って

追記このあと今市図書館は日光市の他の2館とともに4月11日から閉館になり2度延長され今のところ5月31日迄となっている

清原市営住宅は6畳4畳半3畳と3室あるがぼくの部屋に照明器具はついておらず(つける気もないが)図書館でDVDが借りられないと夜が長くて仕方ないのだ