2020年7月7日火曜日

今村昌平の5本 その2 豚と軍艦

8段目8番
ナースチェンマイ大学ミニマラソン


日本でのマラソン大会の申し込みはすべて
ネットを通して行われているが
大会当日発走一時間前に身体ひとつ持って行きさえすれば
簡単に登録出場できたこのタイでも
最近はネットのできない奴は走らなくて結構
毛だらけ猫灰だらけ
という大会が増えてきた
まあこんな俺でも少しは上達したらしく
ナースチェンマイ大学ミニマラソンに
買ったばかりの8900バーツのパソコンから
無事申し込みを済ませ
電光石火の早漏男よろしく最寄りのバンコク銀行に押し入り
350バーツの参加費の振り込みもこれまた
いとも簡単に完了させたのだった
ところが、ちゃんと払いましたよ、という証明が必要なのだが
これができない
多分振り込みを済ませた用紙の写しを写真に撮りそれをネットで主催者に
送ればどこからも文句はでないのだろうが
そんな芸当がこの俺にできるはずはない
ナースが頭にくっつくことが示すように
これはチェンマイ大学看護学科主催のマラソン大会なのだ
だからこだわる
何年か前売れることのないおにぎりをつまみ替わりに一杯やりながら
売っていたパヤオでも
パヤオ病院付属の看護学校が主催するマラソン大会があった
これが大変なもので
給水所という給水所に看護婦じゃなかった女の看護師の卵たちがむせあふれ
ランナー一人ひとりにペットボトルを手渡してくれるだけでなく
ゴール手前100メートル地点にも
卵がズラリゾロリと並んでタイ国国旗とセットで耳の中の汗と
鼻の奥の分泌液を拭いとるちょいと長めの綿棒をこれまた一人
ひとりに握らせてくれたのだった
そういうわけなので俺は直接証明しようと
振込用紙の写しを手にチェンマイ大学に出向いたのだ
このレースが大学の敷地内だけで争われることが示すように
チェンマイ大学は広大だ
それが入った門の少し先に座っていた守衛に尋ねると
すぐそこの建物が看護学科なのだという
なんて運がいいんだろうと早速その建物の中を
あっちに行きこっちに行きあれやこれやとやりあうが
さっぱり埒が明かない
一時間掛け合って分かったことはそこは看護学科ではなく
犬猫病院ということだった
ちなみにタイ語の発音でカタカナ表示すると
犬猫病院がローングパヤバーンサドで
看護学科がカナパヤバーンサートだ
一体全体看護学科はどこにあるかというとここから1キロは離れた
スアンドーク病院の中なのだという
これがまたバカでかく俺は2度迷子になっている
チェンマイの生き字引を気取ってる今だって入った門と同じ門から
外に出られるなんてことはめったにない
ごめん話が長くなった
結局それから俺は約30人の男や女に道を聞いて看護学科にたどり着き
わたくしは12月17日のレースを走ることになっているランナーだが
そのことに関して話がある、さてこれからどこに行って誰と会えば
いいのでしょうか?
みたいなことを係員というか看護学科に従事する3人のおばさんに
2時間を使って別々に聞き遂に目的を果たすのだが
10キロのミニマラソンを走る以上に疲労困憊した




2020年7月2日木曜日

今村昌平の5本 その1 うなぎ


8段目7番

日光杉並木マラソン 結果報告


たかが10キロのミニマラソンなのに
1キロも行かずに棄権してしまった
言い訳をする
大会前にゼッケンと計測チップが送られてきたのだが
チップはシューズにしっかり装着してください
とあり、ビニタイ(ビニールの紐?)2本を使ってのその方法までが
ご丁寧に記してあった
俺はこのサイトに「幻の69」という詩を書いてからあと
裸足で走っている
俺は炎のそして裸足のランナーなのだ
仕方なくチップの穴に輪ゴムをひっかけ足首に巻きつけたのだが
チップはあっちにいきこっちにずれして~~
それが原因のすべてとは言わないが一因だ
アスリートは少なくとも俺はナイーブでナーバスなのだ
ランネットよ、チップはゼッケンに仕込みなさい
タイのチェンマイでもよく大会に出るが
裸足仲間は大勢いる
子供に限れば7割以上が裸足で走る
それが世界の流れ趨勢なのだ
世界は裸足に向かっている
交通規制なんて必要ない
車輌という車輌はこの世から追放だ
東京オリンピックもいらない
おそらく世間のほとんどがそう思っているのに
為政者は何を浮かれているのか
いや、話が広がりすぎてしまった
棄権してしまった腹いせに否反省にそれ以降
酒は毎日飲んでいる
その原因を見極めようと
腹の奥底にまで沁みこむようにと
ひとり反省会をし続けている




2020年6月26日金曜日

佐藤愛子の5冊 別格 冥界からの電話

8段目6番
急に


走れなくなってしまった
いや歩けるし走るには走れるのだが
2ヶ月前から前のようにまともには走れない
1キロも行かないうちに息が上がってしまうのだ
原因がわからない
試行錯誤暗中模索した
酒を何度もやめてみた
ストレッチをああしてそうしてこうしてみた
長い距離を早歩きした
ナワトビの回数を倍にした
が、何をやってもダメだ
8月6日には日光杉並木マラソンがあるというのに
あきらめることにした
とたんにすっきりした
参加費を払ってしまったから出るには出るが結果は求めない
そんなことより何より今後このまま調子が戻ってこなくても
かまいやしない
そう観念したら心が澄み渡った
そこらじゅうに感謝したくなる
すべてのモノを祝福したい
これまでの女の又に力がバカみたいに水の泡だが
それでいいのだ
走れなくても
俺には酒とナワトビがある
ただしそのナワトビだが前は1万回なんて
軽かったのに最近は5千回もいかずにダウンしてしまう
それもまあいい
走れなくとも跳べなくとも
おいらには酒が
ある




2020年6月17日水曜日

佐藤愛子の5冊 その5 スミヨンの一生

8段目5番
ナワトビ パート3   ナワラー宣言


日本からまたまたタイのチェンマイにきて二つのレースを走ったのだが
といっても10キロのミニマラソンだがどうもぱっとしない
イヤな予感はあった
日本で一度だけタイムを計った時
気持ちよく走れたのに
たった7キロの距離なのに、全盛期より3分近く悪かった
ぼくはそれを肉離れの後遺症のせいにしてあとは計らなかった
年をとれば衰えるのは当然だし
ぼくはあきらめのいい男なのだが
はい、そうですかと納得できるものではない
加齢以外の何か原因があるのではないか
一つだけ思い当たることがある
走ることにかまけてナワトビをおろそかにしていた
早い話ぼくは、ナワラー、ナワトビ男なのであった
30でとび始めてから20年以上1日最低6000回はとんできた
走りだしてからも走ったあと3000回こなしてきた
それが知らぬ間に、マラソンの完走もできないくせに
いっぱしの市民ランナーぶって走ることを主題にしてしまった
肉離れが癖になったのもきっとそのせいだ
ぼくの人生の三大転機は
円形脱毛症になった時とスキンヘッドにした時とナワトビを始めた時なのだ
今、ここに宣言する
俺は断じて市民ランナーなんかじゃない
俺は一介の、ナワラーだ
走れなくなっても俺はとびつづけるだろう
そしてポックリと
逝くのだ




2020年6月14日日曜日

佐藤愛子の5冊 その4 虹へ・・

8段目4番


一瞬の風になれ 野口みづきに捧ぐ


例によって泥酔し
起きると左の足の甲に違和感があった
走ったら二キロが限界だった
それから四週間と二日早い話が一ヶ月走ることもまともに歩くこともできないでいる
一週間飲めなくても
偉大なる飲み志の俺には痛くも痒くもないが
走れないことがこんなにもつらいこととは知らなかった
俺が縄跳びを始めたのは三十で走り出したのが五十の時だ
それは縄跳びだけでは汗が掻けなくなったからだが
そうまでして汗を掻くのはつまりはおいしく飲みたいためなのだが
もしも走りの神様風の精がいるのなら
その昔酒の精バッカスに二束三文で売り飛ばした魂は即買い戻し
熨斗をつけ貴女に貢ぎます
だからどうかもう一度風のように走らせてください
#通り過ぎるあなたが風なら
わたしも今すぐ風になりたい




2020年6月10日水曜日

佐藤愛子の5冊 その3 ミチルとチルチル

8段目3番
棄権の誘惑
 
 
よく人生をマラソンレースにたとえたりするが、同感である
スタートしたのは覚えていない
気がつけばいつのまにか走っていたわけだ
若い頃は、集団から少し離れた位置をひとりぽつねんと走るのを好んだようだ
そして目の前の集団を先頭集団と固く信じていた
ギアをトップに入れさえすればすぐに追いつくものと思っていた
瞬く間に数十年が過ぎ、集団から遠く離れてしまった
まわりに人影はない
あの集団が今も存在してるのかどうかもわからない
ぼかあ、変則ギアのないママチャリだった
近頃わかってきたのだが、負け惜しみで言うのだが
人生に勝ち負けなどないのだ、苦も楽も幸も不幸もない
あるのはスタートとゴールだけだ
これまでにフルマラソンを5回走ったがそのすべてを棄権した
肉離れだけでなく棄権も癖になるのだそうだ、まったくなあ
が、人生マラソンでの完走は間違いない、死がゴールだからだ
自殺を棄権と見做す捉え方もあるだろうが、ぼかあ、ゴールとわきまえる
乗った飛行機が堕ちて死ぬのもひとつのゴールだ
できれば、せっかくここまで来たのだから
高望みとじゅうじゅう承知しているが、宝くじの一等よりむずかしいだろうが
ゴールを実感して死にたい
棄権の誘惑蹴散らして実際にゴールして死にたい




2020年6月5日金曜日

佐藤愛子の5冊 その2 晩鐘

8段目2番
ガラスの破片


夜明け前の街を走っていたら犬に咬まれた、その4日前にはガラスの破片を踏んづけている、もちろん踏んづけた時にガラスの破片と確信したわけではない、その3週間後に足の裏からそいつが顔を覗かせたのだ
タイは野良犬の多い国でどこを走っていても犬に吠えられる、特に夜明け前は番犬と野良犬の吠え合い時だ、ぼくの走るスピードは犬に丁度いいようでよく追いかけられたりもする、夜明け前の街を犬に吠え立てられながら走るのは生きた心地がしない、それで何回コースを変えたことか
タイで犬に咬まれたら狂犬病の心配をすることになる、結局ワクチンの接種は受けなかった、何の保険にも入っていないから最低でも2000バーツはかかるだろう、ぼくは自分の命を2000バーツ以下と判断したことになる
いや、これは正しくない、犬に咬まれたからといって100%狂犬病になるわけではない、確率がある、タイに限れば、タイでの一年間の狂犬病の死者数をその一年間に犬に咬まれた人間の数で割ればいいわけだ、その確率で2000バーツを割った値がぼくがつけたぼくの値段だ
いや、これも正しくない、犬に咬まれた時ぼくはその確率を知らなかったのだから確率も自分で見積もらねばならない、そうだ、咬まれたあと走りながら計算していたのだった、傷は血が滲んだ程度だしどんなに高く踏んでも1%だろうと、2000バーツ割る1%、20万バーツ、日本円にして約60万円、まあ60万の命でも地球よりは重いんだし
何かを踏んづけた方の傷は直径0.2ミリほどの小さな孔キズだ、これは何か鋭いものが中に入ってしまったかと疑ったが、翌日久々に靴を履いて走ってみたら何ともなかった、翌々日はバンドエイドを貼って走った、次の日はレースで念を入れてバンドエイドの重ね貼りで走りそこそこの結果をだした
だが、穴はなかなかふさがらない、その日その日でまれにではあるがズキンとした痛みが走ったり走らなかったり、きっとそいつが寝返りでも打つように足裏での姿勢を変えていたのだろう
保健同人社の家庭の医学ポケット版によると、咬まれてから発病まで10日ないし20日とある
リミットは3月11日、毎日数回傷口の消毒を続けてきたが、その日傷の様子がいつもと違った、穴ではなく3ミリくらいの黒い一本の線になっている、なんだなんだとこすってみたらいとも簡単に剥がれて落ちた、ガラスの破片だった、おそらくビール瓶銘柄はLEO
ほっとした、恥ずかしながら、ぼくの人生これからだと一瞬高揚してしまった、3日3晩扁桃腺肥大の部位に突き刺さっていた鰯の小骨がとれた時よりはるかにうれしかった
昔、上の歯が抜けた時は流しに捨て下の歯は屋根にまくと聞いた記憶があるが、そのガラスの破片はタイガーバームの空き瓶に入れ危険物専用にしているレジ袋の中に捨てた