2020年6月14日日曜日

佐藤愛子の5冊 その4 虹へ・・

8段目4番


一瞬の風になれ 野口みづきに捧ぐ


例によって泥酔し
起きると左の足の甲に違和感があった
走ったら二キロが限界だった
それから四週間と二日早い話が一ヶ月走ることもまともに歩くこともできないでいる
一週間飲めなくても
偉大なる飲み志の俺には痛くも痒くもないが
走れないことがこんなにもつらいこととは知らなかった
俺が縄跳びを始めたのは三十で走り出したのが五十の時だ
それは縄跳びだけでは汗が掻けなくなったからだが
そうまでして汗を掻くのはつまりはおいしく飲みたいためなのだが
もしも走りの神様風の精がいるのなら
その昔酒の精バッカスに二束三文で売り飛ばした魂は即買い戻し
熨斗をつけ貴女に貢ぎます
だからどうかもう一度風のように走らせてください
#通り過ぎるあなたが風なら
わたしも今すぐ風になりたい




0 件のコメント:

コメントを投稿