2020年6月10日水曜日

佐藤愛子の5冊 その3 ミチルとチルチル

8段目3番
棄権の誘惑
 
 
よく人生をマラソンレースにたとえたりするが、同感である
スタートしたのは覚えていない
気がつけばいつのまにか走っていたわけだ
若い頃は、集団から少し離れた位置をひとりぽつねんと走るのを好んだようだ
そして目の前の集団を先頭集団と固く信じていた
ギアをトップに入れさえすればすぐに追いつくものと思っていた
瞬く間に数十年が過ぎ、集団から遠く離れてしまった
まわりに人影はない
あの集団が今も存在してるのかどうかもわからない
ぼかあ、変則ギアのないママチャリだった
近頃わかってきたのだが、負け惜しみで言うのだが
人生に勝ち負けなどないのだ、苦も楽も幸も不幸もない
あるのはスタートとゴールだけだ
これまでにフルマラソンを5回走ったがそのすべてを棄権した
肉離れだけでなく棄権も癖になるのだそうだ、まったくなあ
が、人生マラソンでの完走は間違いない、死がゴールだからだ
自殺を棄権と見做す捉え方もあるだろうが、ぼかあ、ゴールとわきまえる
乗った飛行機が堕ちて死ぬのもひとつのゴールだ
できれば、せっかくここまで来たのだから
高望みとじゅうじゅう承知しているが、宝くじの一等よりむずかしいだろうが
ゴールを実感して死にたい
棄権の誘惑蹴散らして実際にゴールして死にたい




0 件のコメント:

コメントを投稿