2020年5月28日木曜日

คำภีร์ カムピーの5曲 その5 ผีโรงเย็นせつなくない過去いとしくない未来

8段目1番
幻の69シックスナイン


ぼくがこの魔法の靴とであったのは、泥酔し警官に追われ結局は逃げ切ったのだが、それが現実のことなのか幻覚なのかあるいは夢の一コマにすぎないのか、おそらく一生謎のままだが、その翌朝というか翌昼だ
気がつくとビール腹のオヤジにおたまの底でほっぺたをつつかれていた
お前のイビキにはまいった、本当なら十時には店を開けるのだ、迷惑料としてポケットから五百バーツ頂戴した、これはお情けだ
と放り投げられたのがこの靴だ
晩年を走ることに捧げた輩ならわかると思うが一万メートルの記録を一分縮めるのは並大抵のことではない
ところがこれで走ってみると二分近く縮まった、偶然ではない、翌日もとの靴で走ると記録ももとに戻った、計り間違いではない
翌々朝またこいつで走れば同じ結果が出るではないか
早速二足目を求めて太鼓腹のオヤジをたずねたが、そいつはとっくのむかしに潰れたさあ、と不敵に笑いおまけに手鼻をかんだのだ、話はこれで終いだがこの靴の商標は69シックスナインという
ナイキの靴でかかとをいためミズノの靴で膝をやりアデイダスで肉離れ、こいつらはおなじ穴のムジナだ、足より靴をいたわって靴より金に寄りすがる
さようなら、ナイキのぼったくりシューズ、69の奇跡を体験してからあと靴底が減るのが怖くて履くことはできても走り出すことがどうしてもできない、さようなら、アデイダスの上げ底靴
あしたからぼくは、裸足で走ります




0 件のコメント:

コメントを投稿