2019年10月6日日曜日

RCサクセションの5曲 その3 トランジスタ・ラジオ

2段目4番

初期高齢者小躍りワルツ


なぜか小躍りしたくなってくる
ついこの前のナースチェンマイ大学ミニマラソンも
1キロどころか500メートルも行かないところで
棄権してしまったのだけれど
そのあきらめの良さに決断の速さに
自らが潔く惚れ込んでしまい踊りはしなかったが
スキップ踏んでそのままアパートまで帰ったのだ
還暦を過ぎたあたりから心身がすこぶる快調だ
血沸き肉躍るとでもいえばいいのか
決してくじけたりしないのだよ
そりゃあそれなりの努力が結果を生まないことには
忸怩たる思いもあるが
昔の俺から見れば信じられないくらいに前向きなのよ
それならそれなりの二乗の努力をしようじゃないのと考える
それが実際に実行できるかどうかはまた別の話
俺は有言不実行の男
くじけない上に反省もしないのさ
終わりが近い
うまくすればあと5年でぼくはぼくから解放される
下手しても20年もありゃあ確実に俺は解き放たれる
永遠のやすらぎに
おいらではないおいらが包まれる
前にも書いたが40年前のあるいは10年前のぼくは
今のぼくとはまったくの別人だ
5年後の20年後の俺が今の俺と瓜二つでも
それは他人の空似だ
今のおいらには今しかない
小躍りしたくなるおいらがいて小躍りしたくなる今がある
タンゴじゃなくてワルツな今だ
来年の4月に日本に帰るがもうタイにチェンマイに戻ってくることは
ない
オキナワへ行く
橋の下にテントを張って1日500円で生活する
そん時の俺は今の俺とは赤の他人だが
それを思う俺は間違いなくこの俺だ
つい心浮き浮きして今にもワルツを踊り出しそうな
俺だ



0 件のコメント:

コメントを投稿