2019年10月9日水曜日

RCサクセションの5曲 その4 エンジェル

2段目5番
まるで夢のような生活


はっきりいってしまおう
おいらこの4月から年金が貰える身の上になった
さあこれから、ものごころがついてからひそかに思い描いていた
夢の生活が始まる
受け取れるのは月々2万5千円でしかないが
もう働きなんかはしない
タイに少し貯金がある
それを円に換え、オキナワへ行き
テント生活を始めるのだ
橋の下にテントを張り、朝になればそこいらを走り
前を流れる川に身を浸し
髭を剃り頭を剃る
ママチャリにテント寝袋を積んで図書館へ行き
こめかみがかみあわなくなるまで
<カラマーゾフの兄弟>を読み耽る
閉店間際のスーパーで60%引きの弁当を二つ買い
サービスのお茶で一つをそこで食い
またテントを張り、蛍の光で、いや月明りもしくは橋を照らす
水銀灯で、借りてきたたとえば<井上靖>の<北の海>を再読し
取り返しのつかない昔をもてあそぶ
そして残りの弁当を食らい
ぼくは静かに目を閉じる



0 件のコメント:

コメントを投稿