2019年10月1日火曜日

溝口健二の5本 その5 祇園囃子

2段目1番

朝を待つ街


にぼくはいる
朝は毎日やってくる
ぼくは律儀に息をする
朝を抱えて起き上がり
朝を負ぶって走り出す
朝を跨いで縄跳びし
朝に腰かけ髭を剃る
ぼくが死んでも
朝は飽かずにやってくる
朝が来る街に
ぼくはいる



0 件のコメント:

コメントを投稿